前へ
次へ

強制解約の過去があってもレンタル携帯なら平気

1人が1台は携帯電話を所持する時代ですが、キャリア契約をする際には必ずだれもが突破しないとならないのが審査です。携帯電話を使うということは、端末購入だけではなく毎月使用料金も支払いをしなければなりません。金銭が絡んできますので、契約をするならば信用を勝ち取る必要があります。何を審査されるかわからない人も少なくはないですが、機種代金に未払いはないかどうか、また基本料金にも未払いはないかなどです。これまでに携帯電話料金を滞納してしまい、強制的に契約が会場になった経験がある人は、審査をパスするのは難しくなります。キャリア契約での審査に通らない可能性があるなら、携帯電話をあきらめるのではなくレンタル携帯を使うことです。レンタル携帯はキャリア契約の時とは違い、厳しい審査は設けられてはいません。ちなみに携帯電話料金滞納により解約を強制されたら、しばらくはどのキャリアでも契約はできなくなります。数年間でも不便ですが、レンタル携帯ならばその心配も不要です。

Page Top